ブルックリンスタイル2017年最新情報

MENU

ブルックリンスタイルの画像

ブルックリンスタイルとは

ブルックリンはアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市にあり、歴史的建造物も多く、もともとは工業地帯だったそうです。ニューヨーク市街地への交通の便もよく、アーティストやデザイナーたちがたくさん住んでいることでも有名です。ブルックリンスタイル素材としては、レンガやタイル、革製品、金属、味のある木などを使って、シンプルなものとヴィンテージなものを組み合わせて作り、スタイリッシュに見せるのがポイントです。日本でも浸透してきていますが、名前はあまり使われていないかもしれません。日本でよくこのスタイルを目にするのは、例えばおしゃれなカフェなどに使われているのがよく見られると思います。

ブルックリンスタイルの画像

日本でも大流行の予感?!

近年、日本でもこのブルックリンスタイルがとても注目されるようになりました。きっかけは、カフェスタイルです。日本でカフェを設計するMさんにお話を伺ったところ、NYスタイルはもともとの流行りであったのですが、そのNYスタイルの中でも近年はブルックリンがとても注目されているということでした。
ブルックリンスタイルは、家(住宅)としても人気のあるスタイルで、住宅といっても、インテリアや家具、ラグマットやカーテンなどの布類、照明、テーブル、椅子、キッチン用品など、幅広いグッズがあり、住宅との統一性も図れています。それから、ファッションにもブルックリンスタイルがあり、若い年層だけではなく、30代〜50代の方にもとても人気のあるスタイルです。

ブルックリンスタイルの画像

ブルックリンスタイルを大きく分けると様々なジャンルで活躍しているのがわかります。
私のお気に入りをページごとにまとめましたので、ご覧ください。
・家・住宅
・インテリアや家具
・ラグやカーテン(布類)
・照明
・雑貨
・キッチン用品
・ファッション

 

・ブルックリンスタイルの部屋の作り方
・ブルックリンスタイルのCafe&SHOP

 

ブルックリンスタイルの画像

ブルックリンスタイルの画像

ブルックリンスタイル取扱住宅メーカー

最新情報2017年6月1日更新

 

ブルックリンスタイル取扱住宅メーカー1
群馬県/埼玉県エリア

ブルックリンスタイル取扱住宅メーカー2
茨城県エリア

ブルックリンスタイル取扱住宅メーカー3
愛知県エリア

公式

サイト

グッドリビング(株)
【群馬】
【埼玉】
エフリッジホーム(株) (有)安達建築
イメージ ブルックリンスタイルの施工会社 大流行の予感?!ブルックリンスタイル2017年最新情報
人気
評判
特徴 ブルックリンスタイル専門で施工している、唯一?!の建築会社です。オーナーのブルックリンスタイル好きがきっかけで新たに専門部署まで立ち上げ、ブルックリンスタイル住宅の施工に力を入れている会社です。関東近県では、ピカイチですよ! さらに朗報!埼玉県にも窓口が出来たようです! 茨城県エリアでブルックリンスタイルの家を建てたいと思っているのであれば、こちらのエフリッジホーム(株)さんがおススメ! 雑貨ショップもあり、おしゃれでスタイリッシュな雑貨がたくさん販売されていますよ!茨城県エリアにお住いの方は間違いなく必見の会社です!! ホームページもおしゃれな、安達建築さんは、ブルックリンスタイルの家を施工し自然体でカッコイイ住宅を造っています。場所は愛知県です。かっこいいだけでなく住みやすさにもしっかり着目し、家具や家電にも気を使っています。
公式 ブルックリンスタイル取扱住宅メーカー1 ブルックリンスタイル取扱住宅メーカー2 ブルックリンスタイル取扱住宅メーカー3

 

 

ブルックリンスタイルの画像

ブルックリンスタイルの画像

 

ブルックリンスタイルおススメ書籍

 

 

 

 

 

Wikipediaより

ブルックリンスタイルの画像

面積は251平方キロメートルで大阪市よりやや大きく東京23区の40%程度の大きさである。
ブルックリンは長年移民と密接な関係にある地域で民族ごとに住み分けされている地域が多かった。しかし近年、貧困地域に富裕層が流入し始めるジェントリフィケーション現象も起こり特定の地区を除き多様な民族が入り混じって居住する地域となっている。海外からの移民が同区に順応して生活をしている他、シカゴ、サンフランシスコ、ワシントンD.C.、ボルチモア、ボストン、シアトルなどに住んでいた移民の移住も目立つ。
ダウンタウン(旧市役所所在地)は、ニューヨーク市でマンハッタン区のミッドタウン、ロウワー・マンハッタンに次ぎ3番目に大きなビジネス街である。数多くの商業施設、又キングス郡の様々な行政施設、裁判所、拘置所、区役所などが立ち並び近年では住居施設も増えてきている。
ブルックリン橋とプロスペクト・パークに挟まれた北西部地域にある地区ブルックリンハイツ、キャロルガーデン、コブルヒル、クリントンヒル、ダンボ、フォートグリーン、ゴワナス、パークスロープ、プロスペクトハイツ、レッドフックには19世紀に建てられた煉瓦造りのタウンハウスや正面に赤褐色砂岩を配した住宅などが立ち並んでいるのが印象的である。これらの地区の中には高級住宅化した裕福な場所も含まれており地下鉄駅も多く文化施設や高級飲食店が建ち並んでいる。長きに渡り、様々な文化が溶け合いながら中流階級の地域が形作られてきた。1990年代以降、数多くのアーティストや流行に敏感な人々がこれらの地区に移り住んできている。2005年、ニューヨーク市はブルックリン臨海地区の拡張に伴う再編成を完了し数多くの分譲マンションが建設されている。臨海地区の物価が上昇するにつれ再開発の波が臨海地区から西へと移り変わり地下鉄のL線の沿線にあるブッシュウィックに注目が集まっている。もともとブッシュウィックはサンセット・パークやコニーアイランド、サイプレス・ヒル同様ヒスパニック系の住民が多い。ブルックリン中部・南部地区には建築的・文化的に個性のある地域が多い。その中にはマンハッタン区のロウワー・イースト・サイドなどのアパートから階級上昇を果たした移民たちが移り住んできたために19世紀後半から20世紀前半に急激な成長を遂げた地区もある。
ブルックリンは複数の地区で構成されており、その民族的多様性はニューヨーク市ならではのものである。ベッドフォード=スタイベサント地区はアフリカ系アメリカ人の密集する地域でヒップホップやアフリカ美術など彼らの文化的中心地としても機能している。イースト・フラットブッシュやフォートグリーンは中流階級のアフリカ系の職業人たちが集まっている。アフリカ系やカリブ系の民族はこれらの地区に留まらずブルックリン全体に散らばっている。またロシア系、ウクライナ系コミュニティはブライトンビーチ周辺に集中しており多くのロシア系、ウクライナ系のビジネスが展開されている。そのため同地区のニックネームはウクライナ最大の港湾都市の名を取り「リトル・オデッサ」と呼ばれる。ブッシュウィックはヒスパニック・コミュニティの中心地でニューヨーク市のヒスパニック文化に大きな影響を及ぼす地となっている。同地区の人口の80%はヒスパニックで展開されるビジネスの大半はスペイン語をベースとした南米系のものである。サンセットパークもヒスパニック・コミュニティを抱え人口の42%を占めている。
デッカーハイツやベンソンハーストにはイタリア系の集中が見られ、その影響でピザ屋などイタリア料理店が多く展開されている。その他にもベイリッジ、バスビーチ、グレーヴセンド、マリーンパーク、ミルベイスン、バーゲンビーチなどにもイタリア系がおりキャロル・ガーデンズや北部ウィリアムズバーグは最も長い歴史を持つイタリア系コミュニティである。
中国系はサンセットパークを中心とした区南部に散らばっている。同地区の8番街はブルックリン中華街とも呼ばれる。多くの中国料理店が見受けられる他、旧正月を祝うイベントなども催される。最近ではベンソンハーストなど他の区南部地区へと移住する中国系も増えている。
正統派ユダヤ系やハシディズム系ユダヤはボローパークに集中。同地区にはユダヤ人学校イェシーバーやシナゴーグ、コッシャー用総菜屋などがありユダヤ系ビジネスが盛んに行われている。他のユダヤ人地区としてはフラットブッシュ、ウィリアムズバーグ、クラウンハイツなどがある。
ブルックリン区公式ウェブサイト
http://www.brooklyn-usa.org